• ミカド文庫について
  • 歴代天皇の略伝
  • 皇室関係の文献目録
  • 皇室関係の用語辞典
  • 今上陛下の歩み

今上陛下きんじょうへいか

御名
明仁(あきひと)
歴代
第125代
生没
昭和8(1933)年12月23日誕生  ~
在位
平成2年(1990)年 ~
実父
昭和天皇(→長男)
実母
久邇宮良子女王
猶母
略伝
御名は明仁。昭和27年(1952)立太子礼をあげ、7年後に結婚した。皇太子時代から同妃と一緒に沖縄を含む全国各地および海外へ積極的に行啓。満55歳で即位してから名実ともに「象徴天皇」として多様な公務にも宮中祭祀にも精励。皇后美智子(正田英三郎の娘)は民間出身だが、比類のない才媛で、2男1女をもうけ、半世紀にわたり全力で夫君を支え続けている。 /宮内庁ホームページ 天皇皇后両陛下
肖像
ウィキメディア・コモンズ
宸筆
天皇陵
主な皇子・皇女
浩宮徳仁親王(ひろのみや なるひと、皇太子)
礼宮文仁親王(あやのみや ふみひと、秋篠宮)
紀宮清子内親王(のりのみや さやこ、黒田慶樹夫人、神宮臨時祭主)
基本史料
宮内庁編『道 平成元年〜平成10年 天皇陛下御即位十年記念記録集』日本放送出版協会、平成11(1999)年/新装版 平成22(2009)年

宮内庁編『道 平成11年〜平成20年 天皇陛下御即位二十年記念記録集』日本放送出版協会、平成22(2009)年
主な御撰・御製
宮内庁東宮職編『ともしび 皇太子同妃両殿下御歌集』婦人画報社、昭和61(1986)年
宮内庁侍従職監修『天皇陛下科学を語る』朝日新聞出版、平成22(2009)年
天皇・皇后両陛下のおことば・御製などは宮内庁ホームページで記録・随時更新されている。
ゆかりのスポット
その他