• ミカド文庫について
  • 歴代天皇の略伝
  • 皇室関係の文献目録
  • 皇室関係の用語辞典
  • 上皇陛下の歩み

新日本の建設に関する詔書

平成29年1月15日

新日本の建設に関する詔書(昭和二十一年一月一日詔書) 昭和21年(1946)1月1日

『詔書』
ここに新年を迎ふ。顧みれば明治天皇、明治の初めに、国是として五箇条の御誓文を下し給へり。

曰く、
一、広く会議を興し、万機公論に決すべし。
一、上下心を一にして、盛んに経綸を行ふべし。
一、官武一途庶民に至るまで、各その志を遂げ、人心をして倦まざらしめんことを要す。
一、旧来の陋習を破り、天地の公道に基づくべし。
一、知識を世界に求め、おおいに皇基を振起すべし。

叡旨公明正大、また何をか加へん。朕はここに誓いを新たにして、国運を開かんと欲す。 すべからくこの御趣旨に則り、旧来の陋習を去り、民意を暢達し、官民挙げて平和主義に徹し、教養豊かに文化を築き、以て民生の向上をはかり、新日本を建設すべし。

大小都市の蒙りたる戦禍、罹災者の艱苦、産業の停頓、食糧の不足、失業者増加の趨勢等は、真に心を痛ましむるものあり。然りと雖も、我が国民が現在の試練に直面し、且つ徹頭徹尾文明を平和に求むるの決意固く、よくその結束を全うせば、独り我が国のみならず全人類のために、輝かしき前途の展開せらるることを疑はず。
それ家を愛する心と国を愛する心とは、我が国において特に熱烈なるを見る。今や実に、この心を拡充し、人類愛の完成に向かひ、献身的努力を効すべきの秋なり。

惟ふに長きに亘れる戦争の敗北に終わりたる結果、我が国民は動もすれば焦燥に流れ、失意の淵に沈綸せんとするの傾きあり。詭激の風ようやく長じて道義の念すこぶる衰へ、為に思想混乱の兆あるは、洵に深憂に堪へず。

然れども、朕は爾等国民と共に在り。常に利害を同じうし休戚を分かたんと欲す。朕と爾等国民との間の紐帯は、終始相互の信頼と敬愛とによりて結ばれ、単なる神話と伝説とによりて生ぜるものに非ず。天皇を以て現御神とし、且つ日本国民を以て他の民族に優越せる民族にして、延て世界を支配すべき使命を有すとの架空なる観念に基づくものにもあらず。

朕の政府は、国民の試練と苦難とを緩和せんがため、あらゆる施策と経営とに万全の方途を講ずべし。同時に朕は、我が国民が時難に決起し、当面の困苦克服のために、また産業および文運振典のために、勇往せんことを希念す。我が国民がその公民生活において団結し、相倚り助け、寛容あい許すの気風を作興するにおいては、能く我が至高の伝統に恥ぢざる真価を発揮するに至らん。斯くのごときは、実に我が国民が人類の福祉と向上とのため、絶大なる貢献を為す所以なるを疑はざるなり。

一年の計は年頭にあり。朕は朕の信頼する国民が、朕とその心を一にして、自ら誓ひ、自ら励まし、以てこの大業を成就せんことを庶幾ふ。

御名 御璽
昭和二十一年一月一日

内 閣 總 理 大 臣 兼 第一復員大臣第二復員大臣 男爵 幣原喜重郎
司 法 大 臣          岩田 宙造
農 林 大 臣          松村 謙三
文 部 大 臣          前田 多門
外 務 大 臣          吉田  茂
内 務 大 臣          堀切善次郎
國 務 大 臣          松本 烝治
厚 生 大 臣          芦田  均
國 務 大 臣          次田大三郎
大 藏 大 臣       子爵 澁澤 敬三
運 輸 大 臣          田中 武雄
商 工 大 臣          小笠原三九郎
國 務 大 臣          小林 一三
(原文はカタカナ、歴史的仮名遣い)