• ミカド文庫について
  • 歴代天皇の略伝
  • 皇室関係の文献目録
  • 皇室関係の用語辞典
  • 上皇陛下の歩み

仁孝天皇にんこうてんのう

御名
恵仁(あやひと)
歴代
第120代
生没
寛政12年2月21日(1800年3月16日)誕生  ~弘化3年正月26日(1846年2月21日)(満45歳11ヶ月)崩御 
在位
文化14年(1817) ~崩御 弘化3年(1846)
実父
光格天皇(→6男)
実母
勧修寺(藤原)婧子
猶母
欣子内親王
略伝
18歳で即位。在位は29年近くに及んだ。父帝が崩御すると、平安前期末から追号・院号で称してきたのを改め、それ以前のごとく「光格天皇」と諡号・天皇号を再興している。みずから学問を好み和漢の古典を学ぶ会を催し、公家の子弟を教育する講堂「学習院」の開設に着手した(47)。陵は父帝と同じ後月輪陵。
肖像
泉涌寺蔵
宸筆
「御懐紙」 
天皇陵
後月輪陵
主な皇子・皇女
安仁親王
統仁親王(孝明天皇)
節仁親王(第10代桂宮)
淑子内親王(第11代桂宮)
親子内親王(皇女和宮、江戸幕府第14代将軍徳川家茂正室)
基本史料
宮内省編『仁孝天皇実録』 (→藤井讓治・吉岡眞之監修・解説『天皇皇族実録 仁孝天皇実録』全3巻、ゆまに書房、平成18年〔2006〕)
主な御撰・御製
『仁孝天皇御製和歌』(全23冊)一部が『列聖全集』に収録
 
ゆかりのスポット
後月輪陵
学習院跡(京都御苑内)
 
その他